新着おすすめサッカー記事

新着おすすめ記事

カテゴリ: プレミアリーグ

英紙報道 破格の待遇を用意し野望実現へ

 マンチェスター・シティがバルセロナのFWリオネル・メッシ、バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督の引き抜きという夢の実現に向けて、大きな後ろ盾を得た。

中国のメディア投資ファンド「チャイナ・メディア・キャピタル」をはじめとする中国企業グループが、2億6500万ポンド(約500億円)を出資し、シティやJリーグの横浜F・マリノスを傘下に持つ「シティ・フットボール・グループ」の株式の約13%を取得。英地元紙「デイリー・ミラー」は、これにプレミアリーグの巨額なテレビ放映権料なども含め、莫大な資金力を誇るシティが2人のスーパースター獲得に近づくのではと報じている。
 
「ミラー」紙では「ペップ獲得の夢、実現へ」と題して、このトピックを紹介。今季限りで契約満了を迎えるペップことグアルディオラ監督の周囲ではシティの監督就任報道が過熱しており、
すでに合意済みとも噂されている。バイエルン側も引き留めのため、監督としては史上最高額となる年俸32億円を準備しているとのレポートもあり、その去就が世間を大きく賑わせている。
 
また、プレミアでの絶対的な地位を確立すべく、シティは世界最高の選手の獲得にも躍起になっている。2015年のバロンドール最終候補3名にも選ばれ、歴代最多となる5度目の「世界一」の称号が目前となっているメッシの獲得へ本腰を入れている。年俸74億円、移籍金として222億円という破格の待遇を用意し、すでに交渉が始まっているとも言われている。
 
一昨季のプレミア王者は、サッカー界でもその存在感を急激に高めている「チャイナマネー」に支えられ、衝撃のビッグディールを成功させようと目論んでいる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151202-00010014-soccermzw-socc

続きを読む

日本代表FW岡崎慎司(29)が所属するプレミアリーグのレスターが絶好調だ。

 13節を終え、8勝4分け1敗の勝ち点28。ユナイテッドとシティーの両マンチェスター勢やアーセナルら、
強豪を抑えて堂々の首位に立っている。英インディペンデント紙(電子版)は「plucky underdogs
(勇気ある弱者)」から「fearsome adversaries(恐ろしい対戦相手)」へと変貌したと記している。

 その攻撃力は際立っており、チームはここまでリーグ最多の28ゴール。中でもイングランド代表
FWジェイミー・バーディー(28)が獅子奮迅の活躍を見せており、現在リーグ記録に並ぶ10試合連続得点中。
得点王争いでも断トツ1位の13ゴールを決めている。

 だがインディペンデント紙は好調の要因が、ピッチ上の目に見える部分だけではないと分析する。

 同紙がまず挙げたのが、コーチ陣についてだ。今季から就任したのが、チェルシーやユベントス、
ローマなどを歴任したイタリア人のクラウディオ・ラニエリ監督(64)。最近ではインテルミラノやギリシャ代表で
結果を出せず、もはや終わった監督だと思われていた。

 そのラニエリ監督がレスターの指揮官に就任するにあたって希望したのが、ピアソン前監督のもとで
働いていたコーチ陣の残留だった。サッカー界では通常、新監督は気心の知れた自身のスタッフを新たに
雇うもの。ラニエリ監督の希望は異例だった。

 実はレスターは昨季終盤からすでに好調だった。4月から計算すると、レスターは現在勝ち点50で、
マンCに6点もの差をつけてプレミアリーグトップとなる。その頃からのチーム状態を良く知るコーチ陣を
残留させたのは、ラニエリ監督による英断だった。

 GKシュマイケルは「自分のスタッフとともにやってきて、チームの全てを変えてしまうような
やり方をしなかったのは、ラニエリ監督の素晴らしい部分だと思う。監督は、すでにチームがうまく機能していて、
コーチ陣も選手を良く分かっていると見抜いたんだろう」と話す。

 残留したスタッフの中でもスティーブ・ウォルシュ助監督の存在は大きい。スカウト業務も兼務する
同助監督はチェルシー時代、ゾラやフリット、ビアリら大物を続々獲得。当時ラニエリ監督をチェルシーに
招いたのもウォルシュ助監督だった。

 現在欧州で注目の的となっているアルジェリア代表FWマレズをわずか40万ポンド(約7550万円)で
獲得したのもウォルシュ助監督のスカウティングによるもの。その指導でMFドリンクウオーター、
MFオルブライトン、DFシンプソンらは別人のような選手に生まれ変わった。

 またレスターはトップチームの強化と同様に、アカデミーの整備にも力を入れている。
ウェールズ代表MFキング、ガーナ代表シュルップはともに下部組織出身だ。

 タイ人のスリバダナプラバ・オーナーは14年に「3年間でレスターをプレミアでトップ5のチームにしてみせる」
と豪語して嘲笑された。だがどこかのチームとは違い、同オーナーはチーム編成には口を出さない一方で、
200億円近くあった負債は完済。模範的な経営者としてレスターを着実にトップクラブへと導いている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000083-nksports-socc

続きを読む

[ロンドン 22日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーのチームドクターを務めているエバ・カルネイロさんが退団すると、複数メディアが22日に報じた。

カルネイロさんは先月行われたプレミアリーグ開幕戦のスウォンジー戦でMFエデン・アザールが負傷した際、治療を行うためにピッチに入った。しかし治療の際に選手はピッチの外に出なければならないため、すでに退場者を出していたチェルシーは一時的に9人での戦いを強いられた。

ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後のテレビインタビューで、医療スタッフを「直情的で無知」と批判。カルネイロさんらをファーストチームの任務から外した。

チェルシーはロイターに対して「内部のスタッフ人事について話すことはできない」と答え、報道について明言を避けた。カルネイロさんは2009年からチェルシーで働いている。

また、イングランド・サッカー協会(FA)は、モウリーニョ監督がカルネイロさんに向かって
セクシュアルハラスメント的な言葉を吐いたかどうか調査している。

http://jp.reuters.com/article/2015/09/23/soccer-chelsea-idJPKCN0RN07I20150923

続きを読む

マンチェスターU(イングランド)が新たに株式の売却により、4億ドル(約479億円)の資金調達を計画していることが分かった。

ここ3年間ニューヨーク証券取引所に上場しているマンUは、現地時間17日に米証券取引委員会に届け出を行なった。

クラスA株式2400万株を売り出す予定で、資金調達額は最大で4億ドルになる見込み。

同クラブはこの株式を売却しても、グレイザー一家が10倍の議決権を持つクラスB株式を多数保有しており、オーナーシップに変更はない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-00000015-ism-socc

続きを読む

[ロンドン 17日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、
岡崎慎司が所属するレスターのクラウディオ・ラニエリ監督は17日、
今週末のストーク戦を無失点で終えることができればチーム全員にピザをご馳走すると約束したと明かした。

イタリア人のラニエリ監督は会見で「選手たちには無失点なら全員にピザと言った」としながらも、
ただちに効果は出ないかもしれないとも説明。「選手たちはもっといいオファーがあるまで待つだろう。
ホットドックもつけろと言われるかもしれない」と笑った。

また、記者からはプレミア2位のチームにはステーキのディナーのほうがふさわしいのではないかと指摘されると
「冗談はそのくらいにしてくれ」と返した。

昨季、残留争いをしていたレスターは今季好調で、5試合を終えて勝ち点11を積み重ねているが、
無失点試合はまだない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-00000056-reut-spo

続きを読む

↑このページのトップヘ